SNSもやっていますFollow Me!

【ジェネスタ】21話「すべての出会いに・・・」感想。善も悪もすべて自分の歴史

あんのん君

妙香、ウルトラマンゼロは、
ニュージェネヒーローのリーダー格だが、
どんな戦いをして来たんだろうか?

岩松妙香

うん、すごく気になるよね。
彼の記憶が戻れば、ウルトラの歴史も復活するし、
一連の事件の黒幕を倒す手がかりにもなる。
どんな展開になるのか楽しみだよ。

目次

ジェネスタ21話のあらすじ

ウルトラマンゼロは父親のウルトラセブンに、
ニュージェネヒーローたちの記憶が順調に戻っているという。
残るはゼロ本人の記憶だけだ。
かつてゼロは光の国のプラズマスパークを盗もうとして、
セブンに止められたことがあった。
ゼロは自分の心身を鍛え直すため、
ウルトラマンレオのもとで修行を開始する。
ゼロの師匠となったレオはとても厳しかった。
そんななか、反逆者のウルトラマンベリアルが、
プラズマスパークを強奪する事件が起きる。
ゼロはベリアルを倒すため怪獣墓場に向かうのだった-

おもな登場人物(敬称略)

ウルトラマンゼロ(CV:宮野真守)
ウルトラセブンの息子。ニュージェネヒーローのリーダー格。

ピクシブ百科事典

ウルトラヒーローたち

ウルトラマンジョーニアス(CV:金光宣明)
U40出身の戦士。ゼロの特訓を引き受ける。

ウルトラマンレオ(CV:細谷佳正)
獅子座L77星出身の戦士。ゼロの武芸の師匠。

ウルトラセブン(CV:東地宏樹)
ゼロの父親。プラズマスパークを盗もうとした息子を制止した。

ジェネスタ21話「すべての出会いに・・・」の感想

出典:ジェネスタ21話

『ウルトラスピリッツ』は半世紀経っても変わらない

ウルトラマンゼロは、何回見てもカッコいいですね。

いろんな宇宙で戦っているので、
強化形態もバラエティに富んでいます。

ウルトラシリーズが誕生したのは、
いまから57年前の1966年ですが、
昭和・平成・令和と時代が変わっても、
ヒーローの信念はまったく変わっていません。

宇宙の平和を守るため真摯に努力する

これこそが歴代ウルトラマンが大切にしてきた、
『ウルトラスピリッツ』なんですよ。

もともとヤンキー気質だったゼロは、
やや暴走気味なところがあり、

光の国の重要施設・プラズマスパークに手を出そうとして、
父親のセブンに諭されています。

反省したゼロはウルトラマンレオの弟子となり、
心身を鍛え直すんですが、
そこからは正義の戦士として成長して行きました。

厳しい修行の結果、
ゼロは本当の強さをレオから教わります。

仲間を思いやり、
守るために強さを探求する。
復讐や相手を倒すために強くなるのではない。

引用元:ジェネスタ21話(ウルトラマンレオのセリフ)

まさにその通りです。

仲間を助けるために使う力は正義ですが、
復讐のために使う力はただの暴力ですからね。

ゼロは修行の中で、
『ウルトラスピリッツ』の真髄を学ぶことができました。

ジェネスタ屈指の神回

ゼロは宿敵・ウルトラマンベリアルの策略で、
闇落ちしてしまったことがありました。

大切な仲間である、
ウルティメイトフォースゼロのメンバーを、
自らの手で倒してしまったんですよ。

ゼロは絶望して光を失いかけますが、
仲間たちやピグモンの呼びかけで復活を果たし、
自分の体内からベリアルの魂を追い出します。

そして、シャイニングウルトラマンゼロに覚醒しました。

ゼロは時間を巻き戻すと、亡くなっていた仲間を復活させ、
ベリアルに勝利することができたんです。

この戦いはゼロにとって「嫌な思い出」でしたが、
彼の歴史のひとつでもありました。

親父・師匠・仲間たち。
そして宿敵。
すべての出会いに意味があり、
俺の力に変わっている。
いまの俺を形作っているんだ。

引用元:ジェネスタ21話(ウルトラマンゼロのセリフ)

ベリアルとの激闘は、
自身の闇落ちによって仲間を失う苦しいものでした。

しかし、この戦いがあったから、
ゼロは新しい力を得ることができたんです。

彼がすべての出会いに意味があると言ったのは、
良いことも悪いこともすべて、
自分を動かしていると思ってるからでした。

これは私たち自身にも言えることですよね。

ゼロの戦いを通して、
「人とはどうあるべきか」を考えることができました。

今回のジェネスタは、
控えめに言って神回だったと思います。

ジェネスタ21話の使用作品

出典:ジェネスタ21話

ウルトラ銀河伝説
超決戦!ベリアル銀河帝国
ウルトラマンサーガ
ウルトラゼロファイト第二部「輝きのゼロ」
ギャラファイ運命の衝突

あんのん君

最後まで読んでくれて、ありがとな。

岩松妙香

またのご訪問をお待ちしています。

シェアは更新の励みになります!
  • URLをコピーしました!
目次