SNSもやっていますFollow Me!

【ウルトラマンデッカー】3話「出動!GUTS-SELECT」あらすじと感想。カナタたちの初陣は大勝利

あんのん君

妙香、お前はウルトラシリーズがはじまった、
1966年の生まれだよな。
昭和のシリーズが推しだと思うが、
ニュージェネは気に入ったか?

岩松妙香

昭和には昭和、
ニュージェネにはニュージェネの良さがあるよ。
とくにデッカーは防衛チームが作られてくのが新鮮。
ウルトラセブンの要素があるのもうれしいね。

出典:ウルトラマンデッカー3話

主人公とGUTS-SELECTのメンバー

アスミ・カナタ(松本大輝)
1年間のTPU訓練生を経て、GUTS-SELECTの一員となる。

キリノ・イチカ(村山優香)
カナタの同期。宇宙開発の仕事をする夢を持つ。

リュウモン・ソウマ(大地伸永)
カナタの同期。非常にストイックな性格。

アサカゲ・ユウイチロウ(小柳友)
TPU技術部に所属する科学者。GUTS-SELECTのメカを開発する。

カイザキ・サワ(宮澤佐江)
GUTS-SELECTの副隊長。ナースデッセイ号の操舵手。

ムラホシ・タイジ(黄川田雅哉)
GUTS-SELECTの隊長。元はTPU訓練校の校長だった。

HANE2(CV:土田大)
身長30センチのAIロボット。カナタにハネジローと名付けられる。

目次

登場怪獣

古代怪獣ゴモラ

身長:40メートル
重さ:2万トン
得意技:角からの超振動波、尻尾のなぎ払い攻撃
スーツアクター:新井宏幸

あんのん君

もともと狂暴な性格ではなく、
滅多なことでは暴れない怪獣だが、
何故か市街地に出て来たんだ。
新生GUTSーSELECTの攻撃によって、
尻尾を切り落とされたぞ。

古代合成怪獣スフィアゴモラ

身長:50メートル
重さ:3万トン
出身地:市街地
武器:スフィア超振動波、尻尾のなぎ払い攻撃
スーツアクター:不明

ミケちゃん

古代怪獣ゴモラがスフィアによって、
遺伝子情報が書き替えられてしまいました。
体重は1万トン増加しています。
超振動波と尻尾のなぎ払い攻撃も、
大幅に強化されたんですよ。
スフィア合成獣は手ごわい相手ですね・・・

ウルトラマンデッカー3話「出動!GUTS-SELECT」のあらすじ

出典:ウルトラマンデッカー3話

GUTSファルコンの戦闘シミュレーション

新生GUTS-SELECTのムラホシ隊長は、
TPU技術部に所属するアサカゲ・ユウイチロウ博士を紹介します。

実はアサカゲ博士の協力で、
カナタたちがGUTSファルコンの戦闘シミュレーションを、
行うことになっていたのでした。

それは電脳友機HANE2が無人操縦する、
GUTSホークとの連携を想定したものだったんです。

カナタ・イチカ・リュウモンの3人は、
さっそく戦闘シミュレーションにチャレンジしますが、
あと一歩のところで失敗してしまいました。

スフィアとウルトラマンの関連性

カイザキ副隊長は、
1年前に現れたスフィアについて復習していました。

5体のキングスフィアが世界の主要都市に現れ、
身体を粒子状に分解(スフィアソルジャー)して、
地球のいたる所に散らばってしまったんです。

スフィアはバリアのように、地球をすっぽり包み込んでいます。

ムラホシ隊長はスフィアソルジャーも、
バリアになったのではないかと言いました。

怪獣のような個体のスフィアザウルスは、
地中に根を張って、エネルギーを吸おうとしていたようです。

しかし、8年振りに現れた地球怪獣とスフィアの関係は、
依然わからないままでした。

ウルトラマンデッカーとの関係も不明です。

TPUの職員や市民たちの中には、
ウルトラマンデッカーが本当に味方なのか疑う人もいました。

カイザキ副隊長はそれが気になり、
「隊長はウルトラマンについてどう思っていますか」と尋ねました。

カナタたちはHANE2と意思の疎通を図る

戦闘シミュレーションに臨んだ3人は、
相変わらず失敗続きでした。

彼らは気晴らしに外の空気を吸います。

カナタはイチカにどこかダメだったのか聞きますが、
代わりにリュウモンが「いつもより動きが遅い」と答えました。

イチカは「HANE2ともこんな風に話ができれば」とつぶやきます。

その言葉にひらめいたカナタは、
お煎餅とお茶を用意してHANE2のもとに行きました。

ストイックなソウマは「なんで俺まで」と不満そうでしたが、
カナタはおじいちゃんから教わったことをいいます。

”仲間を作りたかったら腹を割って話せ”

カナタは新生GUTS-SELECTに入ってから目標としていることを、
HANE2に対して語りました。

俺、店を継ぐもんだって思ってた。
こんな毎日が続くんだろうなって。
けど、違った。
今はただ、またみんなが、
普通に暮らせるようにしたいって、そう思ってる。

引用元:ウルトラマンデッカー3話(アスミ・カナタのセリフ)

ウルトラマンデッカー3話「出動!GUTS-SELECT」の感想

出典:ウルトラマンデッカー3話

隊長はウルトラマンが嫌いじゃない

ムラホシ隊長は第1話で、
ちょっと不穏なセリフを言っていました。

前に向かって進むことはいいことです。
でも、そのためにも足元をしっかりしておかないと。
都合よく私たちを助けてくれる存在が、
また現れてくれるとも限らないですし。

ウルトラマンを否定するセリフに思えますが、
そうではなく、地球は人類の手で守りたいということなんですよ。

ウルトラマンに助けてもらうというのは、
ある意味、神頼みのようなものですし、
トリガーが去ったあとしばらくは、
ウルトラマンが現れなかったんですから。

本当にウルトラマンを嫌いなら、
スフィアゴモラと戦うデッカーを援護しません。

ただ、過去に何かあって、
思うところがあるのかも知れませんね。

ともあれ、新生GUTS-SELECTの協力のおかげで、
デッカーはストロングタイプにチェンジして、
スフィアゴモラに勝つことができました。

ハネジローと命名されたHANE2

「ウルトラマンデッカー」には「ダイナ」の要素があります。
フラッシュ・ストロング・ミラクルというタイプチェンジや、
スフィアという敵が出てくるのも同じです。

「ダイナ」にはハネジローという、
可愛いマスコットキャラがいましたが、
新生GUTS-SELECTのHANE2は、
同じ名前を名乗ることになりました。

確かに「エイチ・エー・エヌ・イー・ツー」では、
ちょっと呼びづらいですよね。

名付け親となったのはカナタです。

彼はGUTSファルコンに搭乗中、
スフィアゴモラの攻撃を受けてピンチになりましたが、
HANE2のサポートでデッカーに変身できたんですよ。

「ハネジロー」というニックネームをつけたのは、
そのお礼なんでしょう。

ちなみに「ハネジロー」の普段の喋りは敬語ですが、
カナタと話す時だけはタメ口になります。

カナタ

俺と話すときは敬語禁止。
なんか調子狂うんだよな。

HANE2

そちらも了解しました。
では、カナタぁ、お前さ、操縦荒くね?

カナタ

てっ、いきなり砕け過ぎだろ!?

空で戦う相棒ですし、
カナタがデッカーだという秘密を知っているから、
気軽に話せるんでしょうね。

2人はいいコンビになりそうです。

ウルトラマンデッカー3話の基本情報

出典:ウルトラマンデッカー3話

本放送日:2022(令和4)年7月23日
脚本:根元歳三
監督:武居正能
登場怪獣:スフィアゴモラ
オープニングテーマ:Wake Up Decker!(歌・SCREEN mode)
エンディングテーマ:カナタトオク(歌・影山ヒロノブ)

あんのん君

最後まで読んでくれて、ありがとな。

岩松妙香

またのご訪問をお待ちしています。

シェアは更新の励みになります!
  • URLをコピーしました!
目次