SNSもやっていますFollow Me!

【ウルトラマントリガー】12話「3000万年の奇跡」あらすじと感想。エタニティコアの不思議な力

出典:ウルトラマントリガー12話

妙香、ケンゴは闇落ちしてしまったのか?
トリガーダークの進撃が止まらないぞ。

大丈夫だよ。
人間には光と闇があるけど、
ケンゴは本当に強いから帰ってくると思う。
ユナもアキトも待ってるからね。

前回の感想はこちら

目次

ウルトラマントリガー12話のあらすじ

出典:ウルトラマントリガー12話

現代によみがえったトリガーダークは市街地を次々に破壊して行く。
カルミラは最愛の恋人の暗躍に胸を躍らせた。
3000万年前に飛ばされたケンゴは、
トリガーダークを説得するために素手で戦う。
そして、トリガーダークが自分自身であることに気づいた。
エタニティコアの前にいたトリガーダークは、
ウルトラマントリガーとなってカルミラたちと戦う。
しかし、劣勢に追い込まれてしまった。
トリガーをルルイエ(希望)と信じるユザレは、
最後の力を振り絞って、エタニティコアのかけらを与える。

おもな登場人物(敬称略)

出典:ウルトラマントリガー12話

主人公と初代GUTS-SELECTのメンバー

マナカ・ケンゴ(寺坂頼我)

火星出身の植物学者。スマイルスマイルが口ぐせ。

シズマ・ユナ(豊田ルナ)

現役女子高生隊員。超古代の巫女・ユザレの運命を背負っている。

ヒジリ・アキト(金子隼也)

ナースデッセイ号を設計した天才高校生。ケンゴとユナの良き仲間。

サクマ・テッシン(水野直)

ナースデッセイ号のパイロット。筋トレ好きの熱血漢。

ナナセ・ヒマリ(春川芽生)

普段はクール。GUTSファルコンを遠隔操作する時はノリノリに。

タツミ・セイヤ(高木勝也)

GUTS-SELECT隊長。規律に厳しいが部下には優しい。

訳ありの異星人

イグニス(細貝圭)

自称・宇宙一のトレジャーハンター。神出鬼没の行動をする。

登場怪獣

トリガーダーク

出典:ウルトラマントリガー12話

闇黒勇士
身長:53メートル
重さ:4万4千トン
出身地:超古代の地球
得意技:ダークゼペリオン光線
スーツアクター:石川真之介

3000万年前に地球を襲った闇の巨人のひとり。
カルミラの闇の呪術によって現代に復活した。
ダークゼペリオン光線で、
GUTSファルコンやナースデッセイ号を撃墜したが、
グリッタートリガーエタニティに敗れたぞ。

ウルトラマントリガー12話「3000万年の奇跡」の感想

出典:ウルトラマントリガー12話

トリガーダークはもう一人のケンゴ

正義のウルトラマンと悪のウルトラマン。

この対決は初代(1966年放送)から続く、

ウルトラシリーズの定番ですが、

だいたいは本物と偽物が対峙します。

でも、トリガーはそうではありません。

トリガーダークはにせウルトラマンではなく、

ケンゴの闇の姿だったんですよ。

この設定、最初はビックリしましたが、

改めて考えると腑に落ちましたね。

人間は「光と闇」両方をあわせ持っているからです。

ルルイエは希望だと言われた。

でも、本当の希望となったのは僕じゃない!

地球が襲われた時、希望になったのは、

トリガー、君だった。

僕にとっての光は君なんだよ。

引用元:ウルトラマントリガー12話(マナカ・ケンゴのセリフ)

ケンゴは3000万年前の地球で、

トリガーダークと格闘している時にこう言いました。

光が闇を宿すなら、逆もまたあるんですね。

3000万年前のトリガーダークは、

ケンゴの説得で改心して、

カルミラたち闇の一族と決別しました。

カルミラがトリガーに激しい恨みを抱いたのは、

このためだったんです。

3000万年前の地球で復活したウルトラマントリガーは、

分身して闇の3巨人と戦いました。

しかし、力不足だったのか、

劣勢に追い込まれてしまいました。

戦況を見ていたユザレは、ある決断をします。

それはエタニティコアの力を使って、

巨人たちを封印することでした。

カルミラたちだけでなく、

ウルトラマントリガーも封印してしまったのは、

トリガーがもともと闇の一族だったからでしょうか。

ユザレは命を落としてしまいましたが、

彼女が身につけていた指輪は、

ユナの一族に引き継がれることになります。

グリッタートリガーエタニティの登場

ようやく、3000万年前に起こったことの真相がわかりました。

ウルトラマントリガーは火星に眠り、

闇の3巨人は宇宙空間を漂うことになったんです。

彼らが再び現代に復活したのは、

光の化身であるケンゴが、

「みんなを笑顔にしたい」と願ったからでしょう。

光と闇は共存しますが、敵対する宿命にあります。

それにトリガーダークに執着するカルミラにとって、

ウルトラマンとなったトリガーは、絶対に許せない敵なんですよ。

かなりややこしい話ですが、

結局、トリガーはトリガーなので、

カルミラはウルトラマンになったトリガーも、

大好きになればいいんですけどね。

その点、ユナとアキトはしっかりしていました。

私はケンゴを信じる。

ケンゴがトリガーなら、

あの闇のトリガーはケンゴじゃない。

ケンゴは絶対に友だちを悲しませるようなことはしない。

引用元:ウルトラマントリガー12話(シズマ・ユナのセリフ)

アキトは市街地をめちゃくちゃにする、

トリガーダークを攻撃しようとしました。

GUTS-SELECTの隊員として妥当な判断です。

地球の平和を脅かす敵とは、

戦わなければならないんです。

でも、ユナはケンゴが闇落ちしてないと信じてました。

彼女にはユザレの血を引いているので、

ケンゴが「ルルイエ(希望)」であることをわかってるんですね。

それに普段のケンゴを見ていれば、

みんなから笑顔を奪うなど考えられないことです。

アキトはユナの言葉に納得しました。

おい、ケンゴ!

おまえ何やってんだ!?

あの時、俺に言った言葉はウソだったのか?

世界中のみんなを笑顔にしたいんじゃなかったのか?

何が夢見る未来だ。

俺はそんなウザい言葉を信じて、

ウルトラマンになることを諦めた。

お前に託したんだ、ケンゴ!

引用元:ウルトラマントリガー12話(ヒジリ・アキトのセリフ)

アキトこそ、闇落ちしてもおかしくないキャラですが、

彼はユナや仲間たちの支えによって、

自分のやるべきことを理解しています。

「ウザい」と言いつつも、

ケンゴとの友情もしっかり築いているんですね。

ウルトラマントリガーは、

『グリッタートリガーエタニティ』になりましたが、

ユナとアキトの友情が呼び起こした奇跡かも知れません。

ただ、トリガーダークを見ていた、

イグニスの不穏な動向がきになりますね。

ウルトラマントリガー12話の基本情報

出典:ウルトラマントリガー12話

  • 本放送日:2021(令和3)年10月9日
  • 脚本:ハヤシナオキ
  • 監督:武居正能
  • 登場怪獣:闇の3巨人、トリガーダーク
  • オープニングテーマ:Trigger(歌・佐久間貴生)
  • エンディングテーマ:なないろのたね(歌・ChouCho)

最後まで読んでくれて、ありがとな。

またのご訪問をお待ちしています。

シェアは更新の励みになります!
  • URLをコピーしました!
目次