SNSもやっていますFollow Me!

【ウルトラマントリガー】15話「オペレーションドラゴン」あらすじと感想。闇の巨人とイグニスの思惑

出典:ウルトラマントリガー15話

妙香、ケンゴは大丈夫だろうか?
エタニティの力が使いこなせないんだが。

ちょっと心配だね。
でも、リブットがアドバイスしてくれるらしいよ。
迷いを吹っ切れれば、
戦士としていい進化をすると思う。

前回の感想はこちら

目次

ウルトラマントリガー15話のあらすじ

出典:ウルトラマントリガー15話

アキトはナースデッセイ号をバトルモードにするため、
アブソリューティアンからアブソリュート粒子を奪うことを考える。
トリガーの疑似的エネルギーを使って敵をおびき出し、
宇宙線研究所のアンテナから吸収するという作戦だった。
タツミ隊長はこれを「オペレーションドラゴン」と名付けた。
GUTS-SELECTと利害の一致したカルミラは、
人間体となって宇宙線研究所に現れる。
まさかの闇の巨人の協力もあって、作戦はみごとに成功した。
ケンゴとユナは青年リブットの特訓を受けていた。
そして2人は自分の内にある「真の力」に目覚める。

おもな登場人物(敬称略)

出典:ウルトラマントリガー15話

主人公と初代GUTS-SELECTのメンバー

マナカ・ケンゴ(寺坂頼我)

火星出身の植物学者。光の化身であるトリガー本人。

シズマ・ユナ(豊田ルナ)

現役女子高生隊員。超古代の巫女・ユザレの運命を背負っている。

ヒジリ・アキト(金子隼也)

ナースデッセイ号を設計した天才高校生。ケンゴとユナの良き仲間。

サクマ・テッシン(水野直)

ナースデッセイ号のパイロット。筋トレ好きの熱血漢。

ナナセ・ヒマリ(春川芽生)

普段はクール。GUTSファルコンを遠隔操作する時はノリノリに。

タツミ・セイヤ(高木勝也)

GUTS-SELECT隊長。規律に厳しいが部下には優しい。

メトロン星人マルゥル(CV:М・A・O)

ナースデッセイ号のオペレーター。ちょっぴり毒舌な宇宙人。

訳ありの異星人

イグニス(細貝圭)

自称・宇宙一のトレジャーハンター。トリガーダークの力を手に入れる。

ウルトラギャラクシーフォース

リブット(土屋神葉)

アブソリューティアンを追っている人物。ケンゴとユナに特訓を行う。

登場怪獣

アブソリューティアン

出典:ウルトラマントリガー15話

究極生命体(タルタロス・左側)
身長:56メートル
重さ:6万2千トン
出身地:ザ・キングダム本星
得意技:アブソリュート・デストラクション
CV:諏訪部順一
究極生命体(ディアボロ・右側)
身長:65メートル
重さ:9万トン
出身地:不明
得意技:コスモ幻獣拳
CV:小川輝晃

ナナセいわく「金ピカ」。
エタニティコアをめぐって闇の巨人と対立している。
ディアボロはGUTS-SELECTの策にはまって、
アブソリュート粒子を吸い取られた。
ディアボロが敗北したので一時撤退したが、
またいつか地球に現れるかもしれないな。

カルミラ

出典:ウルトラマントリガー15話

人間体
身長:不明
重さ:不明
出身地:超古代の地球
得意技:カルミラウィップ
演者:上坂すみれ

これはビックリしましたね!
アブソリューティアンのエタニティコア奪取を妨害するため、
カルミラは利害の一致するGUTS-SELECTに協力しました。
彼女は人間体となって宇宙線研究所に現れましたが、
ダーゴンやヒュドラムも同じことができるんでしょうか。
非常に気になるところです。

ウルトラマントリガー15話「オペレーションドラゴン」の感想

出典:ウルトラマントリガー15話

トリガーダークが復活

敵の敵は味方という言葉がありますが、

まさかカルミラが協力するとは思いませんでしたね。

彼女はトリガーに対して並々ならぬ感情を持っているので、

自分自身の手で倒さないと気が済まないんでしょう。

それにしても人間体の姿はステキでした!

このまま闇の巨人たちが味方になってくれれば嬉しいですが、

今回はたまたま利害が一致しただけですし、

彼らの目的はエタニティコアの奪取なので、

仲間になる可能性は低いですね。

でも、3000万年前のユザレが、

「あなたたちの中にもきっと光がある」と言っていたので、

いつか改心してくれることを期待します。

やばいのはイグニスですね。

彼はトリガーダークの力を取り込んでいたんですが、

ケンゴたちがリブットと特訓するのを見て、

スパークレンスを変化させてしまったんですよ。

「ライバルになるんだろうな」とは思っていましたが、

今までがいい人だったので残念です。

変身の口上は意味深でした。

未来を染める漆黒の闇

引用元:ウルトラマントリガー15話(イグニスのセリフ)

トリガーダークがデッカーに登場するかは分かりませんが、

数百年後の未来はスフィアのせいで大変なことになっているので、

このセリフは伏線のひとつですよ。

因みにイグニスは故郷のリシュリア星を滅ぼされているので、

アサカゲことアガムスとは意気投合するかも知れません。

まあ、でも。

トリガー本編ではしばらく敵になりそうなので、

頭の痛い問題がひとつ増えてしまいました。

ダンスで精神統一しよう!

ケンゴとユナはリブットから特訓を受けました。

イグニスいわく「青春してるね」とのことでしたが、

隊員としての任務を離れて、

スポーツで汗を流すのはいいことですよ。

リブットはウルトラギャラクシーフォースの人ですが、

なかなかいいことを言っています。

心を無にして本能のまま、

内に眠る秘めたるパワーにタップするんだ。

そうすれば、自らの手で運命を切り開くことができる。

引用元:ウルトラマントリガー15話(リブットのセリフ)

そうなんです。

自分の心の問題は、

自分でなんとかするしかないんですよ。

そのためには精神統一する必要がありますが、

心を無にするためにダンスをするというのは、

意外と理にかなってるのではないでしょうか。

だって、夢中で踊っている最中って、

何か考えたりしないですよね?

ウルトラBOOTCAMPはノリノリで楽しい曲です。

歌はリブット本人(土屋神葉さん)が歌っています。

いいダイエットにもなりそうです!

ウルトラマントリガー15話の基本情報

出典:ウルトラマントリガー15話

  • 本放送日:2021(令和3)年10月30日
  • 脚本:足木淳一郎
  • 監督:坂本浩一
  • 登場怪獣:アブソリュートタルタロス、アブソリュートディアボロ
  • オープニングテーマ:Trigger(歌・佐久間貴生)
  • エンディングテーマ:ウルトラBOOTCAMP(歌・青年リブット)

最後まで読んでくれて、ありがとな。

またのご訪問をお待ちしています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアは更新の励みになります!
  • URLをコピーしました!
目次