SNSもやっていますFollow Me!

【ウルトラマントリガー】19話「救世主の資格」あらすじと感想。キリエル人の目的はエタニティコアの奪取?

出典:ウルトラマントリガー19話

妙香、GUTS-SELECTのみんなは夢を見ていたのか?
せっかく願いが叶ったと思ったのに、残念だよな・・・

人の願望を精神攻撃に使うなんて、
本当に卑怯な敵ね。
でも、ケンゴまで混乱していたのはビックリした。

前回の感想はこちら

目次

ウルトラマントリガー19話のあらすじ

出典:ウルトラマントリガー19話

GUTS-SELECTのみんなが喜んでいた出来事は、
すべて現実に起こったことではなかった。
そのためゴルバ―Ⅱとの戦いでは負けそうになった。
そんな彼らの前にシズマ会長が現れる。
会長はナースデッセイ号の周囲で、
未知の宇宙線が感知されたと伝えに来たのだ。
TPUはこれをモルフェウスRと名付けた。
マルゥルはユナだけ冷静だったことを不思議に思った。
そんななか、ゴルバ―Ⅱの出現とカルミラの言動をめぐって、
闇の3巨人たちは不穏な空気に包まれる。

おもな登場人物(敬称略)

出典:ウルトラマントリガー19話

主人公と初代GUTS-SELECTのメンバー

マナカ・ケンゴ(寺坂頼我)

火星出身の植物学者。光の化身であるトリガー本人。

シズマ・ユナ(豊田ルナ)

現役女子高生隊員。超古代の巫女・ユザレの運命を背負っている。

ヒジリ・アキト(金子隼也)

ナースデッセイ号を設計した天才高校生。ケンゴとユナの良き仲間。

サクマ・テッシン(水野直)

ナースデッセイ号のパイロット。筋トレ好きの熱血漢。

ナナセ・ヒマリ(春川芽生)

普段はクール。GUTSファルコンを遠隔操作する時はノリノリに。

タツミ・セイヤ(高木勝也)

GUTS-SELECT隊長。規律に厳しいが部下には優しい。

メトロン星人マルゥル(CV:М・A・O)

ナースデッセイ号のオペレーター。ちょっぴり毒舌な宇宙人。

シズマ財団

シズマ・ミツクニ(宅麻伸)

ユナの父。国際組織「地球平和同盟TPU」を設立。

訳ありの異星人

イグニス(細貝圭)

自称・宇宙一のトレジャーハンター。トリガーダークに変身する。

登場怪獣

キリエロイド

出典:ウルトラマントリガー19話

炎魔戦士
身長:52メートル
重さ:4万2千トン
出身地:不明(超次元または異次元とも)
得意技:獄炎弾、キリエルクロ―など
スーツアクター:石川真之介

ユナが見つけた謎の男がバトルモードになった姿だ。
シズマ会長がいた地球にも現れて暗躍した。
会長いわく「人間の心を支配し揺さぶる悪魔のようなヤツ」とのこと。
モルフェイスRで「救世主」に相応しい人間を探していたが、
エタニティコアを奪うのが目的だったんだろうな。

ウルトラマントリガー19話「救世主の資格」の感想

出典:ウルトラマントリガー19話

冷静だったのはユナひとり

前回の18話を観た時は、

ケンゴとヒュドラムは混乱してないと思いましたが、

実は2人とも精神攻撃の影響を受けていました。

本当に冷静だったのはユナだけだったんです。

ケンゴはいつも「スマイル!スマイル!」と言っているので、

サプライズパーティの提案は自然じゃないですか。

普段との落差がほとんどないと、

混乱してるなんてわかりませんよね。

闇の3巨人たちはカルミラが色ボケしてしまったので、

策士のヒュドラムがリーダーになると思いました。

でも、それはヒュドラムの願望だったんです。

総合的なスペックにおいてはカルミラに負けるでしょうが、

狡猾な彼が首魁になるのは面白いです。

因みに彼らを混乱させたのは、

「モルフェウスR」という未知の宇宙線ですが、

TPUが名付けたこの言葉は、

なかなか意味深だったんですよ。

モルフェウスとは、

ギリシャ神話に登場する夢の神のことなんです。

キリエル人はユナに対して、

偉そうに持論を語っていました。

私は試してみた。

可能性がある者たちを。

他の者たちはみな失格した。

欲望に飲み込まれ、我を見失った。

理性を保ち続けたのは、あなた一人。

資格を持っている可能性があるのは、

あなただけと判明した。

救世主の資格を。

あなたはこの宇宙の運命さえも左右する、

大いなる力を手にすることができる。

引用元:ウルトラマントリガー19話(キリエル人のセリフ)

彼の言う「救世主」とは、

地球を救うヒーローのことではなく、

人心を思い通りに操るための器のような存在なんでしょう。

シズマ会長が変身するかと思った

ユナは闇の3巨人相手に苦戦するトリガーを助けるために、

ユザレの力を使おうとしました。

それを見たキリエル人は「一時の感情で動いた」と言って、

炎魔戦士キリエロイドに変身します。

キリエロイドはなかなかの難敵で、

グリッタートリガーエタニティでも押されっぱなしでした。

トリガーの戦いを見ていたシズマ会長は、

自分の中に光があることを思い出します。

彼はユザレの力を借りて、

ウルトラマンティガを呼び出しました。

トリガーとティガの息はピッタリで、

昔からの戦友のような戦いぶりでしたが、

それもそのはず、マルチバース世界においては、

『もうひとりの自分』になるからですね。

でも、シズマ会長がスパークレンスを掲げていたので、

彼が変身するのかと思ってしまいました。

ともあれ、ティガが来てくれたおかげで、

キリエロイドを撃破することができて良かったです。

ユナもユザレとして覚醒できたので、

今後はトリガーのためにもっと活躍できるでしょう。

それにしても、キリエル人を見ると、

この曲が聴きたくなってしまいますね。

ウルトラマントリガー19話の基本情報

出典:ウルトラマントリガー19話

  • 本放送日:2021(令和3)年11月27日
  • 脚本:根元歳三
  • 監督:田口清隆
  • 登場怪獣:キリエロイド
  • オープニングテーマ:Trigger(歌・佐久間貴生)
  • エンディングテーマ:明日見る者たち(歌・寺坂頼我、豊田ルナ、金子隼也)

最後まで読んでくれて、ありがとな。

またのご訪問をお待ちしています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアは更新の励みになります!
  • URLをコピーしました!
目次