SNSもやっていますFollow Me!

【ウルトラマントリガー】22話「ラストゲーム」あらすじと感想。イグニスとヒュドラムの因縁、ついに決着する

出典:ウルトラマントリガー22話

妙香、イグニスがユナをさらったぞ。
アキトは間違いなくブチ切れるだろうな・・・

ユナはアキトにとって大切な人だからね。
でも、イグニスには何か考えがあると思う。
推しだから庇うわけじゃないけど、
根っからの悪人って感じはしないんだ。

前回の感想はこちら

目次

ウルトラマントリガー22話のあらすじ

出典:ウルトラマントリガー22話

イグニスにさらわれてしまったユナ。
今までの信頼を裏切られたアキトは、
「最初からだましていたんだ」と激怒する。
ケンゴは決めつけてはいけないとアキトを諭した。
タツミ隊長はイグニスの部屋からあるアイテムを持ってくる。
それは一種の記憶媒体でイグニスのメッセージが残されていた。
イグニスは世話になったGUTS-SELECTと、
『ラストゲーム』と名付けた最後の賭けをしたいという。
彼の本当の目的はエタニティコアの力で、
ヒュドラムに滅ぼされたリシュリア星を再興することだった。
イグニスはユナを連れて超古代文明の遺跡に向かう。

おもな登場人物(敬称略)

出典:ウルトラマントリガー22話

主人公と初代GUTS-SELECTのメンバー

マナカ・ケンゴ(寺坂頼我)

火星出身の植物学者。光の化身であるトリガー本人。

シズマ・ユナ(豊田ルナ)

現役女子高生隊員。超古代の巫女・ユザレの運命を背負っている。

ヒジリ・アキト(金子隼也)

ナースデッセイ号を設計した天才高校生。ケンゴとユナの良き仲間。

サクマ・テッシン(水野直)

ナースデッセイ号のパイロット。筋トレ好きの熱血漢。

ナナセ・ヒマリ(春川芽生)

普段はクール。GUTSファルコンを遠隔操作する時はノリノリに。

タツミ・セイヤ(高木勝也)

GUTS-SELECT隊長。規律に厳しいが部下には優しい。

メトロン星人マルゥル(CV:М・A・O)

ナースデッセイ号のオペレーター。ちょっぴり毒舌な宇宙人。

訳ありの異星人

イグニス(細貝圭)

自称・宇宙一のトレジャーハンター。トリガーダークに変身する。

登場怪獣

メカムサシン

出典:ウルトラマントリガー22話

カラクリ武者
身長:50メートル
重さ:5万トン
出身地:不明
得意技:フジヤマ斬波、ヒトダマ大車輪、ウキヨ防壁など
スーツアクター:岡部暁

イグニスが遺跡に仕掛けていたロボットだ。
「ぜったいにおすな」というボタンを、
ケンゴが誤って押してしまったため、
満月の夜に大暴れすることになった。
グリッタートリガーエタニティを苦戦させるが、
救援に来たGUTS-SELECTに倒された。
因みにかれが持っていたムサシンソードは、
イグニスがヒュドラムと戦う上で大いに役立ったぞ。

ウルトラマントリガー22話「ラストゲーム」の感想

出典:ウルトラマントリガー22話

リシュリア星ただ一人の生き残りとして

今回の話の主人公はイグニスです。

彼がトリガーダークの力を手に入れてから、

「こういう時が来るんだろうな」とは思っていましたが、

実にみごとな戦いぶりでした。

宿敵・ヒュドラムの撃破に成功したんです。

イグニスの故郷であるリシュリア星は、

100年前にヒュドラムによって滅ぼされました。

それは「3000万年振りの食事」という残酷なもので、

イグニスだけは食べ残しとして見逃されたんですよ。

イグニスが宇宙一のトレジャーハンターとして、

各地でゴクジョーなお宝を探し続けたのは、

ヒュドラムを倒すための武器と、

リシュリア星を再興させる力が欲しかったからです。

地球にはその2つがありました。

トリガーダークとエタニティコアです。

イグニスは現代によみがえったトリガーダークが、

ウルトラマントリガーとの戦闘で倒された時、

その残渣を手に入れることに成功します。

あとはエタニティコアなんですが、

超古代文明の神殿を開くことができるのはユザレなので、

ユナのいるGUTS-SELECTに近づきました。

一連の流れを見ていると、

最初から計算づくだったとも思えますよね?

でも、イグニスは根っからの悪人ではありませんでした。

6話でサタンデロスを倒すために、

GUTS-SELECTに協力した時は、

「他人の星を好き勝手に荒らす奴が許せない」と言ってますし、

前回はこんな名セリフも残しています。

涙なんて二度とごめんだ。

それが自分でも他人でも。

もちろん、地球人であっても。

引用元:ウルトラマントリガー21話(イグニスのセリフ)

だからお世話になったGUTS-SELECTに、

「ラストゲーム」という賭けを申し出たものの、

本当は自分を止めてほしいと思っていました。

イグニスは不幸な運命をポジティブに変えた

ケンゴはイグニスが複雑な事情を抱えつつも、

何かと自分たちを助けてくれたので、

アキトに「今までの日々が嘘だとは思いたくない」といいます。

もし、イグニスが本当の悪人なら、

邪魔になる人間をみんな排除してユナをさらったでしょうし、

「ラストゲーム」なんて面倒なことはしないですよ。

彼はただ、大好きな故郷であるリシュリア星の再興と、

不本意な形で命を失うことになった、

仲間たちの仇討ちをしたいだけなんです。

俺はヤツを許すことができない。

そして同時に、

自分の故郷の命も諦めることができない。

引用元:ウルトラマントリガー22話(イグニスのセリフ)

でも、ヒュドラムを倒したイグニスは、

エタニティコアを手に入れませんでした。

自分の個人的な感情で、

地球そのものを滅ぼしかねない力を手に入れるのは、

間違っていると気づいたんですよ。

イグニスはケンゴたちとの交流を通して、

地球人の温かさにも触れることができました。

リシュリアの時のような気持ちになるのはごめんだぜ。

俺はもう二度と、仲間を傷つけさせない!

引用元:ウルトラマントリガー22話(イグニスのセリフ)

イグニスにとって地球は「第二の故郷」になったんですよ。

昨年、トリガーを観た時から、

イグニスのことは気に入っていましたが、

改めて視聴してますます彼が大好きになりました。

それはこのセリフを聞いたからです。

じゃあな、ヒュドラム。

お前のおかげで俺は、

もうひとつのゴクジョーに出会えた。

引用元:ウルトラマントリガー22話(イグニスのセリフ)

イグニスにとってヒュドラムは許せない仇敵ですが、

リシュリア星が悲劇に巻き込まれなければ、

ケンゴたちがいる地球にはやって来なかったでしょうし、

トリガーダークにもならなかったでしょう。

不幸な運命をポジティブに変える生き方に感動しました。

ウルトラマントリガー22話の基本情報

出典:ウルトラマントリガー22話

  • 本放送日:2021(令和3)年12月25日
  • 脚本:足木淳一郎
  • 監督:辻本貴則
  • 登場怪獣:メカムサシン
  • オープニングテーマ:Trigger(歌・佐久間貴生)
  • エンディングテーマ:明日見る者たち(歌・寺坂頼我、豊田ルナ、金子隼也)

最後まで読んでくれて、ありがとな。

またのご訪問をお待ちしています。

シェアは更新の励みになります!
  • URLをコピーしました!
目次