SNSもやっていますFollow Me!

【ウルトラマントリガー】24話「闇の支配者」あらすじと感想。ケンゴは皆にトリガーであることを打ち明ける

出典:ウルトラマントリガー24話

妙香、エタニティコアの力はやばいな・・・
カルミラの闇が地球を飲み込みそうだぞ。

コアの力もそうなんだけど、
カルミラ自身の執念も凄まじいからね。
トリガーさえいれば宇宙は消えてもいいなんて、
絶対に許すことはできない。
なんとしてもメガロゾーアを倒さなくちゃ!

前回の感想はこちら

目次

ウルトラマントリガー24話のあらすじ

出典:ウルトラマントリガー24話

エタニティコアの力を手に入れたカルミラは、
邪神メガロゾーアとして覚醒してしまう。
ユナは超古代の巫女としての役目を思い出し、
自らを犠牲にして皆を守ろうとする。
しかし、ケンゴやアキトはそれを望んでいなかった。
トリガーはメガロゾーアと戦うが、闇のパワーの前に敗れる。
負傷したケンゴは夢の中で母のレイナに会い、
自分が光の化身であることを思い出していた。
目覚めたケンゴは仲間たちにトリガーであることを打ち明ける。
そしてイグニスに共闘を頼み込むのであった。

おもな登場人物(敬称略)

出典:ウルトラマントリガー24話

主人公と初代GUTS-SELECTのメンバー

マナカ・ケンゴ(寺坂頼我)

火星出身の植物学者。光の化身であるトリガー本人。

シズマ・ユナ(豊田ルナ)

現役女子高生隊員。超古代の巫女・ユザレの運命を背負っている。

ヒジリ・アキト(金子隼也)

ナースデッセイ号を設計した天才高校生。ケンゴとユナの良き仲間。

サクマ・テッシン(水野直)

ナースデッセイ号のパイロット。筋トレ好きの熱血漢。

ナナセ・ヒマリ(春川芽生)

普段はクール。GUTSファルコンを遠隔操作する時はノリノリに。

タツミ・セイヤ(高木勝也)

GUTS-SELECT隊長。規律に厳しいが部下には優しい。

メトロン星人マルゥル(CV:М・A・O)

ナースデッセイ号のオペレーター。ちょっぴり毒舌な宇宙人。

訳ありの異星人

イグニス(細貝圭)

自称・宇宙一のトレジャーハンター。トリガーダークに変身する。

シズマ財団

マナカ・レイナ(横山めぐみ)

ケンゴの母。火星で考古学を研究している。

シズマ・ミツクニ(宅麻伸)

シズマ財団の会長。国際組織「地球平和同盟TPU」を設立。

登場怪獣

メガロゾーア

出典:ウルトラマントリガー24話

邪神(第一形態)
身長:60メートル
重さ:6万トン
出身地:超古代文明の遺跡付近
得意技:全身から発する闇、光線技
スーツアクター:梶川賢司

出典:ウルトラマントリガー24話

邪神(第二形態)
身長:66メートル
重さ:6万6千トン
出身地:東京の市街地
得意技:全身から発する闇、光線技
スーツアクター:梶川賢司

闇の巨人3体の魂とエタニティコアの力によって、
生み出されたラスボス怪獣だ。
タツミ隊長はこれを邪神と呼び、
TPUではメガロゾーアと名付けた。
第一形態でも充分強かったが、
巻き貝のような第二形態はさらにパワーアップしている。
何が弱点なのかは分からないが、
地球の平和を守るためにはこいつを倒すしかないぞ。

ウルトラマントリガー24話「闇の支配者」の感想

出典:ウルトラマントリガー24話

個人的な理由で宇宙を滅ぼさないで!

カルミラの気持ちは分かりますが、

個人的な恨みで宇宙を滅ぼされたのでは、

たまったもんではありませんね。

そもそも宇宙が消えるという事は、

カルミラとトリガーだっていなくなる可能性があるんですよ?

「恋は盲目」とはいいますが、

これを戦いの大義名分にするのは良くないです。

エタニティコアの力がなければ、

闇の一族が存続できないとか、

もう少し高尚な理由がほしいですよね。

最愛の人さえいれば、

あとは何もいらないというのは、

本当にワガママな暴論ですよ。

トリガーが好きなら、

彼の光である部分も理解すべきです。

自分を裏切ったから許せない!

カルミラの頭の中は、

その思いでいっぱいなんでしょう。

でも、キャラとして魅力的なんですから、

醜い邪神になったのは、本当にもったいないです。

エタニティコアは悪用すると、

とんでもないことになるんですね。

最終回前の名言ラッシュ

やはりクライマックスともなると、

名言がいっぱい出てきますね。

ユナは仲間たちを守るために犠牲になろうとするんですが、

それを止めたアキトのセリフが良かったです。

それがどうした!

ユザレと同じ結末を迎える必要なんてない。

ユナはユザレじゃない。

ユナはユナだ!

大丈夫だよ。

この世界にはGUTS‐SELECTの仲間がいる。

ケンゴがいる。俺がいる。

引用元:ウルトラマントリガー24話(ヒジリ・アキトのセリフ)

アキト、めっちゃカッコいいですね!

典型的なツンデレですし、

「うざい」が口ぐせの彼なので、

こんな名言をいうとは思いませんでした。

確かにユナはユザレの能力を受け継いでいますが、

3000万年前とは時代が違いますし、

お父さんのシズマ会長は別次元の人なので、

ユザレの歴史をなぞらなくてもいいんです。

個人の幸せこそがみんなの笑顔につながると思います。

ケンゴはついにトリガーであることを、

GUTS-SELECTのメンバーに打ち明けました。

ユナ、アキト、シズマ会長の3人は知っていましたが、

テッシン、ヒマリ、マルゥルの3人は知らなかったんです。

タツミ隊長はケンゴの普段の様子から、

薄々気づいていました。

われわれはGUTS‐SELECTの仲間だ。

お前がどんな秘密を抱えていようと何も変わらない。

引用元:ウルトラマントリガー24話(タツミ・セイヤのセリフ)

彼は規律に厳しい隊長ですが、

仲間を思いやる気持ちは本当に強かったんです。

おかげでケンゴは肩の荷が下りました。

僕は光であり人である。

この光と闇との争いを終わらせなければいけないんです。

一緒に戦ってください。

引用元:ウルトラマントリガー24話(マナカ・ケンゴのセリフ)

メガロゾーア相手に苦戦している時、

助けに来てくれたイグニスに共闘をお願いしたんですよ。

イグニスは少し躊躇しますが、

シズマ会長から「地球が第二の故郷」だと聞いて、

ケンゴに協力することを決めました。

胡散臭かったトレジャーハンターは、

すっかりヒーローになりましたね。

メガロゾーアは相当にやばい敵ですが、

みんなの笑顔と安穏な日々を守るためにも、

ケンゴとイグニスにはがんばってほしいです。

ウルトラマントリガー24話の基本情報

出典:ウルトラマントリガー24話

  • 本放送日:2022(令和4)年1月15日
  • 脚本:ハヤシナオキ
  • 監督:坂本浩一
  • 登場怪獣:メガロゾーア
  • オープニングテーマ:Trigger(歌・佐久間貴生)
  • エンディングテーマ:明日見る者たち(歌・寺坂頼我、豊田ルナ、金子隼也)

最後まで読んでくれて、ありがとな。

またのご訪問をお待ちしています。

シェアは更新の励みになります!
  • URLをコピーしました!
目次