SNSもやっていますFollow Me!

【ウルトラQ】16話「ガラモンの逆襲」あらすじと感想。榛名湖までヒッチハイクした宇宙人

あんのん君

妙香、ガラモンと遊星人がリベンジに来たぞ。
今度は大軍で攻め込んできた。
本気で地球を侵略するらしいな。

岩松妙香

大丈夫。遊星人はツメが甘いから。
前に使った「電波遮蔽網(でんぱしゃへいあみ)」があれば、
ガラモンは簡単に倒せるよ。

平和な大宇宙の静寂を破って巨大な隕石群。
人々はそれをガラダマと呼んで恐れている。
ロボット怪獣ガラモンを乗せたガラダマが、
青い地球に向かって飛んでいるのです。

引用元:ウルトラQ16話(オープニングナレーション)
目次

ウルトラQ16話のあらすじ

天体物理学研究所に保管されていた電子頭脳が、
「ひとりでに浮き上がって部屋を抜け出す」という事件が発生した。
万城目は就寝中だったが由利子からの電話で起こされる。
だが、電子頭脳は自力で動けないので不審に思った。
その翌日、電波監視所を訪問した万城目たちは、
30分後に大量のガラダマが飛来することを知る。
東京を守るには電子頭脳を確保しなければならない。
電子頭脳は時速60キロで上信越方面に向かっていた。
「謎の男」がトラックをヒッチハイクしたからだ。
万城目たちは監視所主任の花沢と「謎の男」を追いかけて行く。

おもな登場人物(敬称略)

万城目淳(佐原健二)
星川航空のパイロット。怪事件に真摯に向き合う好青年。

戸川一平(西條康彦)
万城目の後輩。おっちょこちょいだが、たまに鋭い勘を発揮。

江戸川由利子(桜井浩子)
毎日新報のカメラマン。怪獣を恐れずに写真を撮る。

ゲスト出演

花沢(平田昭彦)
電波監視所の主任。万城目たちと宇宙人を追う。

牛山(沼田曜一)
トラックの運転手。榛名に行きたいという謎の男を乗せた。

謎の男(義那道夫)
不思議な雰囲気を持つ人物。大きなチェロケースを持っている。

登場怪獣

隕石怪獣ガラモン

身長:40メートル
体重:6万トン
出身地:チルソニア遊星

あんのん君

ウルトラシリーズ初の隕石怪獣だ。
チルソニア遊星人が地球侵略のために送りこんだぞ。
以前に群馬の弓ヶ谷で暴れたが、
電子頭脳からの短波を遮断されて退治されたんだ。
ピグモンにそっくりだが別個体だぜ。
くれぐれも間違えるなよ。

セミ人間(チルソニア遊星人)

身長:1.8メートル
体重:150キロ
出身地:チルソニア遊星

ミケちゃん

ガラモンを操る宇宙人です。
遊星人Qやセミ人間と呼ばれていますが、
本当の名前はチルソニア遊星人といいます。
バルタン星人に似ていますが同族ではありません。
トラック運転手の牛山を利用して榛名湖に行きましたが、
任務に失敗して非業の最期を遂げました。

ウルトラQ16話「ガラモンの逆襲」の感想

ガラダマ軍団が地球に襲来

この話は13話「ガラダマ」の続編です。

群馬の弓ヶ谷に隕石を落として、
怪獣ガラモンを誕生させたチルソニア遊星人ですが、
地球侵略の野望は砕かれました。

東南大学物理学研究室にあった、
電波遮蔽網(でんぱしゃへいもう)によって、
ガラモンをあやつる極小短波が断たれてしまったからです。

由利子が新聞記者の勘で、
「電波を断てばいい」と言ったのが、
解決のキッカケになりました。

でも、チルソニア遊星人は諦めが悪い種族でした。

自身でリモコンを操作して、
天体物理学研究所にあった電子頭脳を盗み、
ガラダマ軍団を地球に呼び寄せました。

1体の侵攻で失敗したので、
数で圧倒しようと考えたんでしょう。

でも、チルソニア遊星人が捜査したリモコンは、
控えめに言ってお粗末なものでした。

誰も気づいてなかったんですが、
「ピーッ!ピーッ!」と大きな音が鳴ってたんですよ。

チルソニア遊星は科学力がありそうに見えて、
思ったほどではないのかも知れません。

音のないリモコンが作れないし、
ガラモンが前回とまったく同じスペックでは、
地球侵略など絵にかいた餅でしょう。

でも、チルソニア遊星人が人間に化けて、
トラックをヒッチハイクしたのは面白かったです。

上司のUFOがある榛名湖に行くためだったんですが、
テレポーテーションすれば済む話ですよね。

宇宙人なんですから。

しかも榛名湖ではトラックの運転手さんに撃たれて、
正体がバレバレになりましたし、
上司に抹殺されるという悲惨な最期を迎えました。

地球を甘く見るからそうなるんです。

平田昭彦さんが素敵だった

万城目たちは電波研究所の主任・花沢と、
「脱走」した電子頭脳を追いかけることになりました。

花沢を演じていたのは平田昭彦さんです。

初代ウルトラマンの岩本博士として有名ですが、
もともとは彼が万城目になるはずだったんですよ。

佐原健二さんとは親友でした。

平田昭彦さんは1984年に56歳の若さで亡くなりました。
品のあるハンサムな方だったので、本当に勿体なかったですね。

花沢主任はテキパキと指示を出しました。

彼と万城目たちの連携プレーで、チルソニア遊星人の正体をあばき、
人類の危機をストップすることができたんです。

終盤の格闘シーンはちょっと怖かったですが、
見ごたえバツグンでしたよ。

万城目もよくがんばりました。

ウルトラQにもっと電波関連の怪事件があれば、
平田昭彦さんの出番も増えたかも知れませんね。

ウルトラQ16話の基本情報

本放送日:1966(昭和41)年4月17日
制作順:26
脚本ナンバー:28
脚本担当:金城哲夫
登場怪獣、宇宙人:隕石怪獣ガラモン、チルソニア遊星人(セミ人間)
特技監督:的場徹
監督:野長瀬三摩地
番組ナレーション:石坂浩二
視聴率:31.2%

あんのん君

最後まで読んでくれて、ありがとな。

岩松妙香

またのご訪問をお待ちしています。

シェアは更新の励みになります!
  • URLをコピーしました!
目次