SNSもやっていますFollow Me!

【ウルトラセブン】16話あらすじと感想。アンノン星人はセブンとの対話に応じてくれた

あんのん君

妙香、今回のセブンは、
俺の名前の元になった話だな。
ウィキペディアには名作と書いてあったぞ。

岩松妙香

個人的にはセブンでいちばん好きな話だよ。
対話によって事件が解決したから。
セブンがアンノン星人を説得できたのは、
宇宙人同士だったからなんだろうね。

目次

ウルトラセブン16話のあらすじ

惑星観測ロケット「サクラ9号」が、
3か月振りに地球に戻ってきた。
「サクラ9号」はアンノン星探査計画のため、
宇宙局が打ち上げたものだった。
だが、計画が再開されたという情報は入ってなかった。
「サクラ9号」は地獄山の頂上付近に着陸。
ダン・アンヌ・アマギの3人が調査に向かった直後、
何故か「サクラ9号」は爆発してしまう。
ダンは山の中から奇妙な音がすることに気づくが、
アンヌとアマギには聞こえなかった。
そんななか、ヒロシ少年が地獄山付近でキレイな石を発見。
子供たちは物珍しさからそれを欲しがるが、
何者かによって頭痛を引き起こされてしまう。

ウルトラ警備隊(敬称略)

モロボシ・ダン(森次晃嗣)
謎の風来坊。ウルトラ警備隊に協力して隊員となる。

キリヤマ(中山昭二)
隊長。38歳にには見えない貫禄を持つ。

フルハシ(石井伊吉)
北海道出身。ウルトラ警備隊きっての武闘派。

アマギ(古谷敏)
名古屋出身。兵器開発が得意。

ソガ(阿知波信介)
九州出身。射撃の名手。

アンヌ(ひし美ゆり子)
本作のヒロイン。普段はメディカルセンターで働いている。

ゲスト出演

マナベ参謀(宮川洋一)
「サクラ9号」に細菌が詰め込まれていたらと心配する。

ヒロシ(稲吉千春)
地獄山で石を拾った少年。アンノン星人と会話した。

ウルトラ戦士

人間体:モロボシ・ダン
活動時間:不定(太陽エネルギーさえあれば、エネルギーが切れても復活できる)
変身アイテム:ウルトラアイ
年齢:1万9000歳
身長:ミクロ~40メートル
体重:ゼロ~3万5千トン
職業:恒点観測員(惑星や星間宇宙の環境変動を調査する仕事)

岩松妙香

ウルトラセブンはカッコいいですよね。
必殺技もたくさんあります!

登場怪獣(岩石宇宙人アンノン)

身長:30メートル
重さ:15万トン
出身地:アンノン星

あんのん君

本来は争いを好まない平和な種族なのだが、
「サクラ9号」を侵略兵器と勘違いして、
地球に報復にやってきたんだ。
普段は頭脳だけの姿をしているので、
戦う時は本体となる石が必要となる。
石を拾ったヒロシ君を言葉巧みに誘導したが、
アンヌやアマギ、村人たちにも大きな危害を加えていない。
怪獣化すると15万トンの巨体になるが、
セブンに向かって大ジャンプしたのは驚いたな。

ウルトラセブン16話「闇に光る目」の感想

初の夜戦と歴史的な和解

ウルトラシリーズは物語の性質上、
敵を倒して事件を解決することが多いです。

悪い怪獣や宇宙人はやっつけられて当然ですが、
今回のアンノンのように、
事情がある相手の場合は話し合うのがベストですね。

人類の科学力は年々進み、
積極的に宇宙開発をするようになりました。

それは月や火星など、
太陽系内の惑星だけではなく、
遠い銀河の星にまで及んでいたんです。

目標が無人の星なら何の問題もありませんが、
先住種族がいる場合、トラブルになってしまいます。

14・15話に出てきたペダン星人は、
地球人の宇宙開発を良しとせず、
逆に「侵略の大義名分を得た」と思って、
宇宙ロボットのキングジョーを送り込みました。

人類にとっては有益なことでも、
宇宙人にとっては困ることなんですよね。

アンノンも母星を荒らされたと思い込み、
探査ロケット「サクラ9号」に乗って、
リベンジしにやってきたんですよ。

そして。

たまたま石を拾ったヒロシ君を利用して、
活動の元となる石(本体となる身体)を手に入れ、
怪獣アンノンに変身します!

シェアは更新の励みになります!
  • URLをコピーしました!
目次