X(旧Twitter)では猫まみれ!Follow Me!

【Believe-君にかける橋-】1話あらすじと感想。プロジェクトX風なドラマではない

あんのん君

妙香、キムタクの新しいドラマが始まったぞ。
大手ゼネコンを舞台にした作品だ。

岩松妙香

井上由美子さんの脚本だから、
壮大なヒューマンドラマになりそうだね。
キャストも超豪華だから楽しみだよ。

出典:Believe-君にかける橋-1話

狩山陸は大手ゼネコン「帝和建設」で、
橋を設計する仕事に携わっていた。
部下からも慕われ、順風満帆な日々を送っていた。
狩山は一大プロジェクトである「龍神大橋」の設計を任され、
下請け企業の坂東組とともに現場で働く。
だが突然、悲劇が起きてしまった。
橋脚を支える部品が弱かったため、崩落事故が発生したのだ。
それは死者を出すほどの大惨事だった。
狩山は裁判の結果、懲役1年6か月の実刑を受け、
国立刑務所に収監されてしまう。

目次

おもな登場人物(敬称略)

出典:Believe-君にかける橋-1話

主要人物

狩山陸(木村拓哉)
大手ゼネコン「帝和建設」の土木設計部部長。無実の罪で収監される。

狩山玲子(天海祐希)
狩山の妻。聖修大学病院循環器センターの看護師長。

帝和建設

本宮絵里菜(山本舞香)
土木設計部・第一設計課に所属。狩山の部下で南雲の婚約者。

南雲大樹(一ノ瀬颯)
土木設計部・第一設計課の主任。狩山と上司の間で板挟みになる。

磯田典孝(小日向文世)
狩山の上司。省庁からの天下りで社長に就任。

国立刑務所・処遇部門第3区

林一夫(上川隆也)
区長。受刑者たちに恐れられている。

野口ヒロト(濱田龍臣)
殺人未遂犯。狩山の103房室の同房者。

灰谷耕太(一ノ瀬ワタル)
特殊詐欺犯。狩山の103房室の同房者。

赤塚力(持田将史)
強盗犯。狩山の103房室の同房者。

宇崎誠吾(尾上寛之)
刑務官。狩山たちを厳しく取り締まる。

病院関係者

北村晴彦(市川知宏)
看護師。玲子の部下。

井本奏美(澤井梨丘)
心臓病で入院している少女。

その他の人物

秋澤良人(斎藤工)
狩山を担当する弁護士。想定外のことが起きると早口になる。

黒木正興(竹内涼真)
警視庁刑事部捜査第一課の刑事。

坂東五郎(北大路欣也)
龍神大橋工事の一次下請業者である坂東組の社長。

榛名文江(賀来千香子)
東京都知事。龍神大橋の事故について記者会見した。

Believe-君にかける橋-1話の感想

出典:Believe-君にかける橋-1話

龍神大橋の事故には裏がある!

めっちゃ面白かったです。

井上由美子さん脚本のドラマは、
観ていて安心感がありますね。

過去にも大河ドラマの「北条時宗」や、
ブラックコメディの「遺産争族」、
現代のコンプラ問題に切り込んだ「ハラスメントゲーム」など、
お気に入りの作品がたくさんありました。

「Believe」は出演者がみんな主役級というのがスゴいです!

とくに興味深かったのは、
受刑者の野口ヒロトを演じているのが、
濱田龍臣さんだったところです。

彼は「ウルトラマンジード」の人間体、
朝倉リクとして有名ですよね。

だから狩山の下の名前が「陸」と知って、
ビックリしてしまいました。

また弁護士の秋澤は斎藤工さんが演じていますが、
彼は「シン・ウルトラマン」の神永新二です。

野口と秋澤には接点がありませんが、
ジードとリピアの共演は、
ウルトラファンとして嬉しいですよ。

狩山は東京都が推進していた一大プロジェクトの、
龍神大橋建設の設計を担当していました。

成功の暁にはさらなる昇進が待っていたんでしょうが、
予期せぬ大事故が発生したために、
すべての責任を取らされることになったんですよ。

それは設計を変更したことが、
事故の原因ではないかと警察が言ったからでした。

でも、何か裏があるような気がします。

ケーブル納入業者が正規の製品ではなく、
安価な製品を持ってきたのはおかしいですし、
帝和建設の社長が天下りなのは怪しいですね。

事故の真相は想像以上に闇が深くて、
真実を掘り下げて行くと、
政治家の汚職でも出て来るんじゃないでしょうか。

冤罪をくつがえすことは可能?

帝和建設の社長・磯田は、
経営の傾いた会社を救うために、
とある省庁から招かれた人物でした。

温和でありながら、
どこか狡猾な匂いのする人物ですね。

磯田は真実を隠蔽するために、
狩山に罪を被ってくれるよう頼みます。

裁判で執行猶予がつくからとのことでしたが、
狩山は1年6か月の実刑判決を受けてしまいました。

刑務所に収監された狩山は、
同室の受刑者からの嫌がらせや、
刑務官から厳しい仕打ちを受けます。

日の当たる場所から一転、
地獄のような世界に来てしまったんですよ。

そんななか、狩山の妻・玲子が面会にやってきて、
がんで余命1年ということを告げました。

玲子は離婚届を持っていたんです。

あまりにも突然な出来事に、
狩山は目の前の状況が信じられず、ただ驚くばかりでした。

玲子と話したことで、
狩山は真実を明らかにすることを決意しますが、
刑務所から脱走することはできませんでした。

そこで狩山は担当弁護士の秋澤と協力して、
冤罪を晴らそうと思いました。

しかし、事故に関する重要な証拠を握っている南雲は、
狩山の思うようには動かなかったんです。

磯田が先手を打って、
南雲に海外転勤の打診をしていたからでした。

さらに秋澤も「会社に悪い顔はできな」」と言いましたし、
まさに八方塞がりの状況です。

冤罪を晴らすのは不可能に近いことなんですが、
このまま何もしなければ、玲子は亡くなってしまうので、
なんとか突破口を見つけてほしいですね。

Believe-君にかける橋-1話の公式ツイート

Believe-君にかける橋-1話の基本情報

出典:Believe-君にかける橋-1話

本放送日:2024(令和6)年4月25日
脚本:井上由美子
音楽:林ゆうき
エンディングテーマ:MAN WITH A MISSION「I’ll be there」(Sony Music Labels Inc.)
演出:常廣丈太
制作著作:テレビ朝日
視聴率:11.7%

あんのん君

最後まで読んでくれて、ありがとな。

岩松妙香

またのご訪問をお待ちしています。

シェアは更新の励みになります!
  • URLをコピーしました!
目次