SNSもやっていますFollow Me!

【ラストマン-全盲の捜査官-】第9話あらすじと感想。真相は開けてはいけないパンドラの箱?

あんのん君

妙香、41年前の事件はすごくやばそうだな。
捜査している皆見たちが心配になったぞ。

岩松妙香

裏で政治家が暗躍してるからね。
皆見の父親も危ないことやってたし、
けっこう怖い事実が出てくるんじゃないかな・・・

出典:ラストマン-全盲の捜査官9話

皆見と心太朗は千葉刑務所に服役中の、
鎌田に面会しようとした。
だが、鎌田は著しく体調を崩しており、
余命いくばくもない状態だという。
捜査の出鼻をくじかれた2人だが、
泉と吾妻が協力を申し出てくれた。
そんななか、政界のドンの弓塚は、
41年前の事件が掘り起こされるのを警戒していた。
皆見と心太朗は事件の第一発見者である、
山藤元捜査一課長と居酒屋で飲むが、
事件に関する話し方に違和感を覚える-

目次

おもな登場人物(敬称略)

出典:ラストマン-全盲の捜査官9話

主人公とそのバディ

皆実広見(福山雅治)※幼少期:柊木陽太
全盲のFBI特別捜査官。最後の切り札の意味で「ラストマン」と呼ばれる。

護道心太朗(大泉洋)※幼少期:正垣湊都
皆実のアテンドを命じられる。護道家の次男だが実は養子。

警視庁捜査一課

護道泉(永瀬廉)
心太朗の義理の甥。父から皆実の行動調査を命じられる。

佐久良円花(吉田羊)
捜査一課佐久良班主任で警部補。検挙数トップのチームを率いる。

今藤完治(今井朋彦)
係長。上層部からの指示で皆実の捜査を許す。

馬目吉春(松尾諭)
佐久良班の刑事。佐久良を捜査一課長にすることを目標にしている。

長谷川壮太(奥智哉)
佐久良班の刑事。捜査一課メンバー最年少。

人材交流企画室

吾妻ゆうき(今田美桜)
技術支援捜査官。過去に皆実に救われたことがある。

護道家の人々

護道京吾(上川隆也)※学生時代:宮下柚百
心太朗の義兄で泉の父。次期警察庁長官の最有力候補。

護道汐里(森口瑤子)
京吾の妻で泉の母。旧姓は弓塚。

護道清二(寺尾聰)※若い頃:奥野瑛太、41年前:西将輝
第21代警察庁長官。現在は海岸沿いの別荘で隠居中。

ASTRAL HOTEL TOKYO

難波望海(王林)
バトラー。皆実の日本での暮らしを支える。

ゲスト出演

弓塚敏也(石橋蓮司)
京吾の岳父。与党幹事長を歴任した政界のドン。

山藤憲治(金田明夫)※41年前:若林時英
元警視庁捜査一課長。心太朗と佐久良の恩師。

池上隼人(渡辺哲)
皆実誠と地上げを行っていた人物。南雲会の元幹部。

41年前の関係者

皆実勢津子(相武紗季)※享年31
皆実の母親。かつて赤坂の料亭で働いており鎌田と面識があった。

皆実誠(要潤)※享年37
皆実の父親。弓塚・池上と組んで違法な地上げをしていた。

鎌田國士(津田健次郎)
心太朗の実父。41年前に事件を起こして千葉刑務所に服役中。

ラストマン-全盲の捜査官-第9話の感想

出典:ラストマン-全盲の捜査官-第9話

泉は紙一重で助かったはず

これまで明るく軽快な感じで描かれたラストマンですが、
最終章で衝撃的な展開を迎えてしまいました。

心太朗の甥っ子・泉が刺されてしまったんですよ。

しかも泉を刺したのは、
心太朗に刑事の心得を指南した山藤だったんです。

まさかの事態に本当にビックリしましたし、
泉が命に関わる重傷なので、
とても心配で感想を書くのが遅くなりました。

泉は弓塚の血を引いているのに、
純粋で真っすぐな人です。

だから、なんとか助かってほしいですね。

4話では吾妻が真犯人に刺されましたが、
若手刑事たちは、なぜ受難続きなんでしょう?

泉は皆見たちが来るまで、うかつな行動を控えていれば、
最悪の事態は避けられたはずです。

皆見なら凶悪犯を制圧することができますから。

ただ、山藤を確保することができたとしても、
警察の正義を忘れて、弓塚の手下になっているので、
41年前の事件のことは語らず、命を絶ってしまったでしょうね。

そもそもヒラのお巡りさんだった山藤が、
捜査一課長にまで出世できたのは、
弓塚と護道家がバックにいたからです。

政治家と警察がグルになって、鎌田を冤罪に陥れたわけですが、
事件の背後には相当に黒いものがあると思われます。

それは弓塚の政治生命を揺るがしかねない悪事なんでしょうね。

皆見と心太朗は兄弟の可能性

41年前の真相は、
開けてはいけない「パンドラの箱」だったようですが、
巨悪を見て見ない振りをするのは、正義の行いではありません。

皆見の父親は違法な地上げをしていて、
それが弓塚の公共事業につながっていました。

皆見の父親が不動産業をしていると聞いた時、
分譲住宅を建てたり、賃貸物件を貸していると思ってました。

まあ、そういうこともやっていたんでしょうが、
たぶんそれは表向きですね。

正体は政治家とつるむ悪党だったんです。

でも、そんなダーティな人が主人公の父親だなんて、
あり得なくないですか?

吾妻の調査で鎌田と本庄勢津子が、
同時期に赤坂の料亭で働いていたことがわかりました。

本庄勢津子とは皆見のお母さんです。

これは私の想像ですが、
鎌田と勢津子は付き合っていたと思います。

仲良く2人で働き、息子の心太朗も生まれたのに、
不動産屋の皆実が横恋慕して、勢津子を奪ってしまいました。

その時、勢津子のお腹の中には赤ちゃんがいたんですが、
それが皆実広見だったんですよ。

つまり・・・

最強バディの2人は、
血のつながった兄弟なんです。

そう考えると、息の合ったコンビネーションにも納得ですよね。

またこの仮説を立てると、
41年前の事件の解明にも一歩近づきます。

最終回の予告では、
切なくも悲しいとありましたし、
サブタイトルが「わたしの家族」なので、
これが最大の謎を解くヒントなんでしょうね。

ラストマン-全盲の捜査官-第9話の公式ツイート

https://twitter.com/LASTMAN_tbs/status/1670418683238445065
あんのん君

まさか泉が刺されるとは・・・
彼は祖父2人と違って純粋だから、
なんとか助かってほしい。
国家権力というのは本当に恐ろしいものだな。

ラストマン-全盲の捜査官-第9話の基本情報

出典:ラストマン-全盲の捜査官-第9話

本放送日:2021(令和5)年6月18日
脚本:黒岩勉
音楽:木村秀彬、mouse on the keys
演出:平野俊一
制作著作:TBSテレビ
視聴率:12.7%

あんのん君

最後まで読んでくれて、ありがとな。

岩松妙香

またのご訪問をお待ちしています。

シェアは更新の励みになります!
  • URLをコピーしました!
目次