SNSもやっていますFollow Me!

【ウルトラマンデッカー】12話「ネオメガスの逆襲」あらすじと感想。アサカゲ博士はカナタの秘密を知る

出典:ウルトラマンデッカー12話

こんにちは。岩松妙香(@annon_0211)です。

謎の浮遊物体スフィアと戦うGUTS-SELECTに、

新戦力のテラフェイザーが配備されました。

未知数のところが多いロボですが、

必殺技のTRメガバスターを持っているので、

大いに期待できそうですね。

デッカーと連携すれば、

どんな怪獣も撃破できるような気がします。

前回の感想はこちら
目次

おもな登場人物(敬称略)

出典:ウルトラマンデッカー12

主人公とGUTS-SELECTのメンバー

アスミ・カナタ(松本大輝)

元は老舗せんべい屋の看板息子。ウルトラマンデッカーに変身する。

キリノ・イチカ(村山優香)

カナタの同期。宇宙開発の仕事をする夢を持つ。

リュウモン・ソウマ(大地伸永)

カナタの同期。非常にストイックな性格。

アサカゲ・ユウイチロウ(小柳友)

TPU技術部に所属する科学者。GUTS-SELECTのメカを開発する。

カイザキ・サワ(宮澤佐江)

新生GUTS-SELECTの副隊長。ナースデッセイ号の操舵手。

ムラホシ・タイジ(黄川田雅哉)

新生GUTS-SELECTの隊長。元はTPU訓練校の校長だった。

HANE2(CV:土田大)

通称ハネジロー。ガッツホークを無人操縦する。

登場怪獣

出典:ウルトラマンデッカー12話

スフィアネオメガス

新創合成獣
身長:65メートル
重さ:3万トン
得意技:無限の再生能力
スーツアクター:梶川賢司

かつて倒されたネオメガスの細胞に、
スフィアが取りついて誕生した怪獣だ。
攻撃を食らっても再生する能力を備えており、
強力な破壊光線はデッカーストロングタイプすら打ち負かした。
向かうところ敵なしと思われたが、
テラフェイザーのTRメガバスターで倒されたぞ。

ウルトラマンデッカー12話のあらすじ

出典:ウルトラマンデッカー12話

スフィアネオメガスの誕生

かつてデッカーによって倒されたネオメガス。

しかし、その断片の細胞が森の中に残っていました。

ある真夜中のこと。

スフィアソルジャーの大軍が、

森の中にあるネオメガスの細胞にくっついてしまいます。

死んだはずのネオメガスは、

スフィアネオメガスとして復活してしまいました。

この事態を知ったムラホシ隊長は、

「何でもありですね、スフィアは」といいます。

イチカは司令室にカナタがいないことに気づきました。

カナタは相棒のハネジローを連れて、

アサカゲ博士の研究室に行っていたんです。

アサカゲ博士の問いかけ

ハネジローはテラフェイザーに乗って戦うことができますが、

航空用の戦闘経験しかないため、

前回はオーバーヒートを起こしてしまいました。

アサカゲ博士はその対策のために、

ハネジローに新しいプログラムをインストールします。

カナタは宇宙開発用AIユニットとして生まれたハネジローが、

どんどん変わって行くことにビックリしました。

ハネジローは「戦闘は宇宙開発に戻るための手段だと捉えてる」と、

いつもより渋い声で言います。

2人のやり取りを見ていたアサカゲ博士は、

カナタに『戦ったその先にある目標』を尋ねました。

純粋で熱血漢のカナタは、

怪獣災害に遭った人々を救うために全力投球しています。

でも、これといった目標はまだ見つかっていませんでした。

GUTS-SELECTはスフィアネオメガスを迎え撃つ

アサカゲ博士の研究室を出たカナタはハネジローに、

相棒になってから、人間っぽくなったといいます。

ハネジローは「お前と毎日話してるからだ」と答えました。

和やかな時間を過ごす2人でしたが、

カイザキ副隊長から緊急に呼び出されます。

スフィア合成獣として復活したネオメガスが、

ソラフネシティの宇宙港に向かっていたんです。

住民の避難状況は30%程度しか済んでおらず、

完了までには時間がかかりそうでした。

ムラホシ隊長はテラフェイザーの出撃を考えますが、

アサカゲ博士はメンテナンス中で難しいといいます。

そこでカナタとハネジローがGUTSグリフォンで出撃し、

リュウモンとイチカが地上で援護することになりました。

デッカーがまさかの敗北

カナタとハネジローは、

GUTSグリフォン最強技のハイパーソーンレーザーを、

スフィアネオメガスに放ちます。

けれど、角を破壊しただけで、

致命傷を与えることはできませんでした。

それどころか、スフィアネオメガスは、

攻撃された箇所を再生してしまうんです。

ムラホシ隊長は「今までにないパターンだ」と驚きました。

ハネジローはピンチを即座に察知したので、

カナタをGUTSグリフォンの外に放り出します。

デッカーに変身しろというんです。

カナタはハネジローのリクエストに応えて変身しました。

スフィアネオメガスは強敵でしたが、

デッカーは果敢に立ち向かって行きます。

GUTS-SELECTも総員態勢で、

ソラフネシティをめちゃくちゃにする怪獣に立ち向かいました。

デッカーはストロングタイプにチェンジし、

スフィアネオメガスを食い止めようとしますが、

リュウモンとイチカが狙われていたので、

身代わりとなって光線技を食らってしまいます。

連戦連勝を続けていたデッカーは、

初めての敗北をしてしまうのでした。

ウルトラマンデッカー12話「ネオメガスの逆襲」の感想

出典:ウルトラマンデッカー12話

負けても挫けないのは偉い

いや、すごい話でした。

ネオメガスも凶悪な怪獣でしたが、

合成獣になってからは凄みもいっそう増しましたね。

やっかいなのはキズをスフィアで治してしまう能力です。

ドラクエでいうベホマみたいなもんですが、

これをやられると本当に困ります。

だから「苦戦するだろうな・・・」とは思っていましたが、

デッカーが負けるのは予想外でした。

ムラホシ隊長はカナタがデッカーだと知らないので、

GUTSグリフォンが撃墜とされたことを、

「私の判断ミスです」と言っていました。

ムラホシ隊長は本当に理想の上司ですね。

カナタはGUTSグリフォンのことより、

ウルトラマンが負けたことが衝撃だったんですが、

ムラホシ隊長のフォローがなければ、

気分転換に筋トレはしなかったでしょうね。

初代GUTS-SELECTのサクマ・テッシンは、

「筋トレすれば、すべての悩み事は解決する」と言ってました。

これは正解だったみたいで、

カナタはおじいちゃんの言葉を思い出して、

いつもの元気を取り戻したんですよ。

凹んでるよ。凹んでるけどさ、
ウジウジしてたって、仕方ないだろ?
昔、じいちゃんに言われたんだ。
[「負けた理由を探すより、
勝てなかった自分を超える努力をしろ」って。

俺たち全員が自分を超えたほうが、勝率が上がる。

そうそう、チームなんだから。

何かあって落ち込んだ時に、

励ましあえる友だちがいるのはすごくいいことです。

GUTS-SELECTのメンバーがポジティブで行動的なのは、

めっちゃ好感が持てますね。

カナタの秘密がばれてしまった

凶悪な合成獣のスフィアネオメガスは、

テラフェイザーのTRメガバスターで倒されました。

これを見たアサカゲ博士は大喜びして、

「テラフェイザーが真の完成を見た」といいます。

この巨大ロボの開発に、

並々ならぬ情熱を注ぎこんだことがわかりますね。

でも、アサカゲ博士は気になることを言ってました。

カナタと『戦いの先にある目標』についてやり取りした時に、

こんなセリフを言っていたんですよ。

しかし、あてのない善意というのは、

逆に人を傷つける結果になることもある。

気をつけたほうがいい。

引用元:ウルトラマンデッカー12話(アサカゲ・ユウイチロウのセリフ)

アサカゲ博士もかつて、

カナタのように必死に人助けをしたことがあったんでしょう。

だけど、何かのはずみで人を傷つける結果になってしまい、

それがトラウマになっているんですね。

悪い人ではないと思いますが、

テラフェイザーへのこだわりは半端ないですし、

ハイパーソーンレーザーに関しては、

間違った助言をしていました。

強すぎるスフィアには効果がなかったんですよ。

地球全体を覆うバリアは、

ハイパーソーンレーザーよりも強力な武器じゃないと、

除去するのは不可能ですね。

そうなると、テラフェイザーのTRメガバスターになりますが、

あれを地球に放つのは相当に危険です。

そんなとんでもない兵器を開発したアサカゲ博士に、

カナタがウルトラマンデッカーであることがばれてしまいましたが、

本当に大丈夫なのでしょうか?

アサカゲ博士は野望を持つマッドサイエンティストではなく、

私心のない科学者であってほしいですね。

ウルトラマンデッカー12話の基本情報

出典:ウルトラマンデッカー12話

  • 本放送日:2022(令和4)年10月1日
  • 脚本:足木淳一郎
  • 監督:越知晴
  • 登場怪獣:スフィアネオメガス
  • オープニングテーマ:Wake Up Decker!(歌・SCREEN mode)
  • エンディングテーマ:カナタトオク(歌・影山ヒロノブ)

最後まで読んでくれて、ありがとな。

またのご訪問をお待ちしています。

シェアは更新の励みになります!
  • URLをコピーしました!
目次