SNSもやっていますFollow Me!

【ウルトラQ】4話「マンモスフラワー」あらすじと感想。都心に咲いた災いの花

あんのん君

妙香、マンモスフラワーが開花したぞ。
都心に咲くとは迷惑なヤツだ。

岩松妙香

皇居のお堀にまで根っこを生やすなんて、
本当に困った古代植物ね。
でも、その環境でしか生きられなかったのかも・・

今、我々を取り巻く自然界の一部が、
不思議な身動きを始めようとしている。
そう、ここはすべてのバランスが崩れた恐るべき世界なのです。
これから30分。あなたの目はあなたの身体を離れて、
この不思議な時間の中に入っていくのです。

引用元:ウルトラQ4話(オープニングナレーション)
目次

ウルトラQ4話のあらすじ

都内で原因不明の地震が起きた。
パトロールしていた警官はその被害で亡くなってしまった。
万城目は取引先の東京広告社に立ち寄った際に、
皇居のお堀に妙な物体が浮いているという話を聞く。
一平、由利子と一緒にお堀を見に行くと、
お堀には木の根っこのようなものが浮かんでいた。
「根っこ」は何故か生き物のように動きまわった。
そして東京広告社にまで伸びてきて、従業員たちを次々に襲った。
謎の植物は丸の内で開花してしまう。
その花はマンモスフラワーと名付けられた。

おもな登場人物(敬称略)

万城目淳(佐原健二)
星川航空のパイロット。怪事件に真摯に向き合う好青年。

戸川一平(西條康彦)
万城目の後輩。おっちょこちょいだが、たまに鋭い勘を発揮。

江戸川由利子(桜井浩子)
毎日新報のカメラマン。怪獣を恐れずに写真を撮る。

一の谷博士(江川宇礼雄)
世界的権威の学者。万城目たちの良きアドバイザー。

ゲスト出演

源田博士(高田稔)
植物学者。ジュランの生態を調査しようとする。

道子(雨宮貞子)
一平の友人。倒壊するビルから助け出された。

登場怪獣(古代植物ジュラン)

身長:100メートル
重さ:3千トン
出身地:東京丸の内

あんのん君

ウルトラシリーズ初の植物怪獣だ。
太古の植物だが自然界のバランスが崩れたせいで、
現代の東京に復活してしまった。
「根っこ」の直径は1メートル以上ある。
クモの糸によく似た花粉を撒き散らすんだ。
2022年公開の映画「シン・ウルトラマン」では、
巨大不明生物第2号として紹介されたぞ。

ウルトラQ4話「マンモスフラワー」の感想

東京は日本を象徴する街

東京は日本人にとって特別な街です。
江戸時代から続く日本の首都ですし、
国民の象徴的存在である天皇陛下が暮らす都です。

徳川家康が関ヶ原の戦いで勝利したあと、
ブレーンの天海(明智光秀という説があります)が、
中国の陰陽五行説をもとに都市設計を行ったんですよ。

それから300年以上、
東京は世界有数の大都会として著しい発展を遂げ、
地方に住む人々の憧れの対象となりました。

しかし、平穏な日々は、
謎の古代植物の出現で破られました。

「マンモスフラワー」ことジュランです。

花は無人島に咲けばよかった

35億年前の⇒シアノバクテリア(珪藻類の一種)は、
地球を酸素あふれる星に変えてくれたのに、
人間とジュランは共存することができません。

植物には意思がないと思っていませんか?

しかし、最近の研究では、
意思があると考えられています。

根っこなどを通じて、
仲間と会話するといわれているんですよ。

そんな頭の良い植物が人間に対して怒りを向けたら、
たいへんなことになりますね。

ジュランが何の害もない小さな鉢植えなら、
焼却処分されることはありませんでしたが、

かれはビジネス街のど真ん中に100メートルの花を咲かせて、
人々を養分にしようとしました。

だけど、生命はみんな必死なんですよ。

一の谷博士はジュランの生態について、
このように語っています。

約2000年前の蓮の種が発見され、
その種が美しい花を咲かせた例が我が国にもある。
古代の植物が突然変異によって、
蘇生したからといって不思議がることはないさ。
生命力というものはそれほど根強いものだよ。

引用元:ウルトラQ4話(一の谷博士のセリフ)

異なる生物が意思の疎通を図るのは難しいですが、
もともとジュランに明確な悪意はなかったでしょう。

次の時代に命を繋ぎたかっただけなんです。

そういう視点で考えると、
東京という場違いな場所に咲いたばかりに、
焼却処分されたのは気の毒でした。

だから不思議な生態を研究しようと思った、
源田博士の気持ちも分かります。

誰もいない無人島でひっそり咲けば、
天然記念物として珍重されたでしょうね。

自然界のバランスが崩れた原因は、
急激なインフラ整備などによる環境破壊ですが、
東京ではよく光化学スモッグが発生します。

便利な暮らしも大事ですが、
自然界にもっと気を遣わないといけません。

万城目は星川航空の経営者?

この話の放送順は4番目でしたが、
最初に制作されたエピソードなので、
そのまま1話になっても、
良かったんじゃないでしょうか。

主人公がどういった人物なのか、
詳しく描かれていたからです。

万城目淳はこんな人
  • 年齢は20代後半~30代前半
  • スポーツカーに乗るキザな二枚目
  • SF小説や宇宙旅行に興味あり
  • 一平や由利子とは冗談を言い合う仲

現代のチャラ男に近い印象ですが、
万城目は怪事件が起こると真摯に向き合って行きます。

万城目は星川航空を宣伝するために、
東京広告社にビラ(チラシ)の印刷を依頼しますが、
担当者とタメ口で話していたのが気になりました。

ただの営業マンにしては腰が低くないですし、
高そうな背広を着ていたからです。

何度も広告を頼みに行って、
先方の担当と顔なじみになったのかも知れませんが、
安月給の社員がカッコいいスポーツカーに乗るのは、
どう考えても無理でしょう。

昭和41年の男子の平均月給は17.550円ですから。

因みにトヨタのカローラ(初代)もこの年に発売されましたが、
価格は43万円(お給料の2年分)でした。

でも、万城目が乗っていた「スカイライン スポーツ コンバーチブル」は、
約200万円もする高級車だったんです!

そんなゴージャスな車を乗り回すんですから、
万城目は星川航空の経営者で間違いありません。

社名(屋号)を「星川」と名付けたのは、
アマチュアSF小説家であり、
いつか宇宙へ旅立つことを夢見ているからでしょうね。

自然界の生命のバランスが崩れた時、
このような可憐な草花でさえ、
怪物化しないという保証は何もないのです。
アンバランス・ゾーンは私たちに、
そのことを警告しているのです。

引用元:ウルトラQ4話(エンディングナレーション)

ウルトラQ4話の基本情報

本放送日:1966(昭和41)年1月23日
制作順:1
脚本ナンバー:1
脚本担当:金城哲夫、梶田興治
登場怪獣、宇宙人:古代植物ジュラン(マンモスフラワー)
特技監督:川上景司
監督:梶田興治
番組ナレーション:石坂浩二
視聴率:35.8%

あんのん君

最後まで読んでくれて、ありがとな。

岩松妙香

またのご訪問をお待ちしています。

シェアは更新の励みになります!
  • URLをコピーしました!
目次