SNSもやっていますFollow Me!

【ウルトラマンデッカー】15話「明日への約束」あらすじと感想。地球の守護神ダイナミックタイプ

出典:ウルトラマンデッカー15話

こんにちは。岩松妙香(@annon_0211)です。

人間、何か悪いことがあると、

過去に戻って歴史をやり直したくなりますが、

必ず良い結果になるとは限りません。

バズド星人「アガムス」は地球のせいで、

故郷と大切な人を失ったと思い込んでいますが、

何か勘違いをしているのではないでしょうか。

アサカゲ・ユウイチロウの頃とは全く違った、

小柳友さんの演技にも注目です。

前回の感想はこちら

目次

おもな登場人物(敬称略)

出典:ウルトラマンデッカー15

主人公とGUTS-SELECTのメンバー

アスミ・カナタ(松本大輝)

元は老舗せんべい屋の看板息子。ウルトラマンデッカーに変身する。

キリノ・イチカ(村山優香)

カナタの同期。宇宙開発の仕事をする夢を持つ。

リュウモン・ソウマ(大地伸永)

カナタの同期。非常にストイックな性格。

カイザキ・サワ(宮澤佐江)

GUTS-SELECTの副隊長。ナースデッセイ号の操舵手。

ムラホシ・タイジ(黄川田雅哉)

GUTS-SELECTの隊長。元はTPU訓練校の校長だった。

HANE2(CV:土田大)

通称ハネジロー。ガッツホークを無人操縦する。

訳ありの異星人

アガムス(小柳友)

バズド星人。地球ではアサカゲ・ユウイチロウと名乗っていた。

ゲスト出演

デッカー・アスミ(谷口賢志)

カナタの遠い子孫。時空移動システムを使って地球に来た。

登場怪獣

テラフェイザー

出典:ウルトラマンデッカー15話

電脳魔人
身長:69メートル
重さ:6万9千トン
出身地:地球(TPU技術部)
得意技:TRメガバスター
スーツアクター:岡部暁

アガムスのこだわりで作られた巨大ロボだ。
AI制御というのは誤りだったらしく、
彼がフェイズライザーを使うと人体融合が可能になる。
最悪最凶の魔神だと思っていたが、
デッカーダイナミックタイプのダイミュード光線で撃破されたぞ。

スフィアザウルス

出典:ウルトラマンデッカー15話

精強融合獣
身長:68メートル
重さ:6万8千トン
出身地:ソラフネシティ宇宙港付近
得意技:スフィアによる自己再生
スーツアクター:高橋舜

地球の惑星エネルギーを吸収して、
超巨大スフィアと同化させようと暗躍していました。
しかし、デッカーダイナミックタイプの、
デッカーフラッシュダイナミックで倒されました。
もう二度と出てきてほしくないですね。

ウルトラマンデッカー15話のあらすじ

出典:ウルトラマンデッカー15話

カナタは謎の男の声に聞き覚えがあった

突然現れて、カナタを助けた謎の男は、

「これ以上お前を巻き込むわけには行かない」と言います。

カナタはその声に聞き覚えがあったので、

とても不思議に思いました。

男は「ヤツ(アガムス)とのケリは俺がつける」というものの、

体力を消耗していたので倒れてしまいます。

テラフェイザーを奪取するため、

アガムスに攻撃されたハネジローは、

TPUで修理することになりました。

ムラホシ隊長とカイザキ副隊長は、

心配そうにハネジローを見つめます。

謎の男は未来人だった

ムラホシ隊長はリュウモンに、

ナースデッセイ号とグリフォンはしばらく飛べないと言いました。

テラフェイザーの攻撃で大ダメージを受けていたからです。

カナタはリュウモンたちに連絡しようとしますが、

森の中では通信が遮断されているようで、

安否を知らせることはできませんでした。

謎の男が咳きこんで苦しそうだったので、

カナタは「おっさん大丈夫か?」と心配します。

謎の男は「おっさんじゃねえ」と言い返しました。

カナタは「誰かのためにできることがあるなら、

迷わずやれってじいちゃんに言われてっから」といいます。

その言葉を聞いた謎の男はカナタに名前を尋ねました。

カナタが「アスミ」というと謎の男は急に笑い出し、

「宇宙せんべいならガキの頃に火星で食べた」と妙なことをいうんです。

まだ火星で明日見屋のせんべいは売られていないので、

カナタは不思議に思いました。

謎の男は嬉しそうな顔をして、

「ああ、そのうち火星でも売られるようになる」といいます。

そして「俺は未来の宇宙からやってきた」と、

冗談みたいなことをいうのでした。

スフィアの正体とカナタがデッカーになった理由

カイザキ副隊長はスフィアザウルスが、

前回よりも地中深く根を張ろうとしていることに気づきました。

それに伴いバリアの反応も強まっています。

ムラホシ隊長はスフィアザウルスの目的が、

地球のエネルギーであることを確信しました。

謎の男はカナタに、

人類とスフィアの関わりについて話しはじめます。

数百年後、宇宙進出を果たした人類は、

様々な星の人々と協力して、

スフィアと戦うことになったんです。

その中にはユザレと「もう一人のウルトラマン」もいました。

スフィアは文明が進んだ星や強い力を持った生物を飲み込み、

自分の一部とする特性を持っています。

惑星に送りこまれたスフィアザウルスが、

エネルギーを一定量まで吸収すると、バリアが収縮をはじめるんです。

そしてより巨大なスフィアが現れ、

最終的にその惑星は飲み込まれてしまうのでした。

謎の男はアサカゲこと、

「アガムス」の目的についても語ります。

「アガムス」は自ら開発した時空移動システムで、

この時代にやってきたんです。

スフィアを持ち込んだのは、

この時代の地球を滅ぼすためでした。

「アガムス」は過去に戻る際に時空移動システムを壊しており、

謎の男は完全に修復することができなかったといいます。

しかし、レーダーに反応があって、

この時代に「光」があることがわかりました。

謎の男はスフィアに飲み込まれたカナタを助けるために、

一か八かの賭けでDフラッシャーを転送したんです。

「アガムス」の目的は地球の滅亡

謎の男はカナタがウルトラマンになるたびに、

どの力が必要なのかわかっていました。

そして陰ながらサポートを続けていたんです。

カナタは「アガムス」が何故この時代に来たのか、

不思議に思いました。

謎の男はこの時代が移動できる過去の限界だといいます。

カナタはアサカゲ博士が敵だったことも、

どうしてこの時代にスフィアを連れて来たのかも、

まったくわからないので苛立ちました。

「アガムス」は自分の故郷はバズド星であり、

地球人のせいで滅んだといいます。

あまりの言葉にカナタは衝撃を受けました。

「アガムス」は別人のような表情で、

『お前たちが宇宙に進出などしなければ!』と怒りを露わにします。

謎の男は「バズド星はまだ滅んでない!」と叫びました。

スフィアバリアに覆われてしまったものの、

諦めずに戦っている人々が残っているからです。

しかし「アガムス」は、

スフィアに勝つことはできないと思っていました。

カナタは「未来を変えるつもりなんですか!?」と、

「アガムス」に問いかけます。

謎の男は地球が滅んでも未来は変わらず、

地球人がバズド星人と遭遇しない未来が生まれるだけと言いました。

「アガムス」は謎の男の説得には応じず、

地球を宇宙から消し去るといいます。

カナタはアサカゲ博士のことを信じていました。

「何か目標が見つかるといいですね」という、

彼のやさしい言葉に感激していたので、

騙されていたことに大きなショックを受けたんです。

「アガムス」はカナタの言葉を聞くと、

「君の純粋さには虫唾が走る」と言って、

テラフェイザーに搭乗してしまいました。

ウルトラマンデッカー15話「明日への約束」の感想

出典:ウルトラマンデッカー15話

絶望と憎しみからは何も生まれない

アサカゲ・ユウイチロウことバズド星人「アガムス」は、

頭が切れるイケメンです。

演じている小柳友さんが、

夫と同じ8月29日生まれなので、

「アガムス」を応援しようかと思いましたが、

この話を観て引いてしまいました。

どういう経緯でバズド星がスフィアに襲われたのか・・・

それがよく分からないんですが、

地球を滅ぼしても未来が変わらないなら、

スフィアを打ち破って、バズド星を助ければいいじゃないですか。

アサカゲと名乗っていた頃は、

GUTSグリフォンのハイパーソーンレーザーが、

スフィアに有効かも知れないと、

カイザキ副隊長に語ったこともあったんですよ。

彼はカナタに親切にしていたことがありましたが、

相反する2つの心を持っているのか、

あるいはバズド星人に身体を乗っ取られたのかも知れませんね。

別人のようになってしまったのは、

おそらくそういうことでしょう。

どうやって勝つのだ!

スフィアは宇宙の摂理、勝利することなどできない。

引用元:ウルトラマンデッカー15話(アガムスのセリフ)

科学者というのは、

不可能を可能にするために研究をするものです。

スフィアは確かに強敵かも知れませんが、

みんなの知恵を結集すれば、

いつか必ず撃退することができますよ。

シン・ウルトラマンでも、

人類は光の星の裁定者・ゾーフィが持ってきた、

天体制圧用最終兵器のゼットンに勝ちましたから。

絶望してたら一歩も前に進めませんし、

ましてや憎しみからは何も生み出すことはできません。

「アガムス」はデッカーに敗北したあと、

レリアのことを思い出していましたが、

彼が本当に取り戻したいのは彼女なんですよ。

その気持ちはわからないでもないですが、

昨年のカルミラと被りますし、ちょっと女々しい感じがします。

逆恨みや復讐に走るのではなく、

不幸な運命をたどったレリアのためにも、

スフィアの脅威に立ち向かう科学者になってほしいですね。

ダイナミックタイプは最高に美しい

「アガムス」は残念なイケメンでしたが、

パワーアップしたデッカーは最高にカッコよかったです!

謎の男、もといデッカー・アスミが、

明日見家の家訓でカナタを励ました時に、

発現したんですよ。

因みに明日見家の家訓はコチラです。

  • 今できることを全力でやれ
  • 仲間がほしかったら腹を割って話せ
  • 負けた理由を探すより、勝てなかった自分を超える努力をしろ

汎用性の高い素晴らしい名言じゃないですか。

出典:ウルトラマンデッカー15話

ダイナミックタイプは、

デッカーの3つの力が合わさった最強形態です。

青がメインカラーなのは、

ミラクルタイプを基調にしているからでしょう。

ミラクルタイプはエレキングのエリーや、

スフィアメガロゾーアに取り込まれたカルミラを救ったので、

闇を光に変える力があると思っています。

カナタの遠い子孫であるデッカー・アスミは、

ダイナミックタイプについてこんな風に言いました。

それがお前だけの、

この時代の地球を護るウルトラマンの力か。

引用元:ウルトラマンデッカー15話(デッカー・アスミのセリフ)

非常に美しいウルトラマンですし、

まさに「地球の守護神」に相応しいですね。

フラッシュタイプでは苦戦していたテラフェイザーを、

ダイミュード光線でやっつけたのは本当にすごかったです。

でも、デッカー・アスミは、

去り際にこう言っていたんです。

任せたぞ、ご先祖様。

あいつを・・・アガムスを救ってやってくれ。

引用元:ウルトラマントリガー15話(デッカー・アスミのセリフ)

あれだけ地球を憎んでいる「アガムス」が、

簡単に改心するとは思えませんが、

復讐なんてバカなことは絶対にやめてほしいので、

カナタにはがんばってほしいです。

ウルトラマンデッカー15話の基本情報

出典:ウルトラマンデッカー15話

  • 本放送日:2022(令和4)年10月22日
  • 脚本:根元歳三
  • 監督:武居正能
  • 登場怪獣:テラフェイザー、スフィアザウルス
  • オープニングテーマ:Wake Up Decker!(歌・SCREEN mode)
  • エンディングテーマ:ヒカリカナタ(歌・影山ヒロノブ)

最後まで読んでくれて、ありがとな。

またのご訪問をお待ちしています。

シェアは更新の励みになります!
  • URLをコピーしました!
目次